ニュース

当社の生物多様性保全活動支援制度を活用した社員の活動報告(2)

  • 公開日2016.12.04

  平成28年10月21日(金)、22日(土)に、新潟県長岡市脇野町三島ライトアップ実行委員会が主催する「越後みしま竹あかり街道」に21日(金)の竹灯籠の設置準備からイベント当日まで参加しました。

  三島地域では、面積の約6割が森林という緑豊かな地域で、里山からの豊富な湧水にも恵まれていますが、近年、竹の浸食による森林の廃墟が進んでおり、里山の保全と水源の涵養を行う必要が生じています。このため、竹の伐採によって放置竹林を抑制するとともに、里山の保護と健全化を目指し、伐採した竹も放置することなく「竹灯籠」として加工して地元住民及び観光客に喜んでもらい、現状を理解してもらう啓発イベントとして行われています。

  地元の方々と主催者・地元大学が協力して竹の伐採から設置、点灯、撤収まで行っており、今年は脇野町本町通りの沿道や点在する空き地に約2万5千個の竹灯籠を点灯しました。

 

主催:三島ライトアップ実行委員会 増間代表
協力:長岡造形大学 上野教授